BLOG

近・現代の哲学に多大な影響を与えた哲学者、カント。 彼は主著とされる「三批判書」を執筆しながら、大学で20年以上にわたり「人間学」の講義を続けていました。 その内容をカント自ら推敲し、まとめたものが『人間学』です。 難解で知られる主著とはいささか趣が異なり、『人間学』では、認識、身体、心、教育、道徳、文化、歴史、宗教と、 人間にかかわる多岐にわたるテーマを平易な語り口で論じながら、そこに巧みに自身の思想のエッセンスを織り込んでいます。 本講座では、『人間学』を一緒に読みながら、『人間学』に込められたカント思想のエッセンスを探ってゆきます。


会場  株式会社クリックネット銀座セミナー・ルーム 東京都中央区銀座3-11-18眞帆ビル3階 

参加費 各回1500円(資料代込) 

定員  20名(先着順) 

申込先 https://www.facebook.com/events/761033660727410/

※参加ご希望の方は参加ボタンをクリックしてください。  

第1回 5/10(水) 19:30-21:00 

第2回 5/24(水) 19:30-21:00 

第3回 6/07(水) 19:30-21:00 

第4回 6/21(水) 19:30-21:00 

第5回 7/05(水) 19:30-21:00 

第6回 7/19(水) 19:30-21:00  

※1回のみの参加も可能です。  

※資料は当日会場で配布します。  

【講師紹介】 大森一三(おおもり いちぞう)。 千葉県生まれ。2013年法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程修了。博士(哲学)。現在、法政大学文学部兼任講師。論文に「カント「教育論」における「道徳化」の意味とその射程-」『教育哲学研究』第107号など、カントに関するものが多数。専門は近現代の哲学、倫理学、教育思想。  

主催:哲学研究会パイデイア/まなび創生ラボ 協賛:株式会社クリックネット

銀座哲学レクチャー第5回は、比較文学・文化理論、メディア文化論を中心に活躍中の清水知子氏(筑波大学准教授)をお招きして「性/生の可能性を問う政治哲学」と題してお話いただきます。ぜひご参加ください!


【要旨】

21世紀を迎えた今、私たちはこれまでになく危うく、不安定な時代に直面しているのではないでしょうか。私たちが確固としたものと捉えがちな自己は、そのうちに他者の痕跡、亀裂、軋轢を含んだ脆弱なものです。では、アイデンティティという概念を抜本的に批判/検証したあと、どのような政治的可能性が出てくるのでしょうか。今回の講義ではジュディス・バトラーの思想を手がかりに、ジェンダーやセクシュアリティの心的構造を解き明かしながら、人種、経済的格差、宗教、民族といったさまざまな差異のカテゴリーと権力との関係性を再考し、危機の時代を生き抜く思想を探ります。 

【講師紹介】

清水知子(しみず・ともこ) 愛知県生まれ。2001年筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科修了。博士(文学)。現在、筑波大学人文社会系准教授。著書に『文化と暴力―揺曳するユニオンジャック』(月曜社)、「労働と思想』(共著、堀之内出版)、訳書にジュディス・バトラー『権力の心的な生』(共訳、月曜社)、ネグリ&ハート『叛逆』(共訳、NHK出版)など。 

【日時】2017年3月2日(木)19:00-20:30 (講義60分+ディスカッション30分) 

【会場】株式会社クリックネット銀座セミナールーム 

 〒104-0061東京都中央区銀座3-11-18眞帆ビル3階 

【参加費】 1500円(含資料代)   

【定員】20名(先着順) 

【申込先】

https://www.facebook.com/ginzalecture/

https://www.facebook.com/manabi.labo/


当日会場で『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房、2016年)の特別割引販売(¥3780→¥3000)を行います。 

銀座哲学レクチャー第4回は、フランス現代哲学を中心に活躍中の柿並良佑氏(山形大学人文学部講師)をお招きして「哲学と政治」と題してお話いただきます。ぜひご参加ください!


【要旨】

哲学は永遠の真理を問うのか? それとも時代に向き合うアクチュアリティこそが重要なのか? 哲学はつねに哲学することの意義そのものをも問いに付す営みだとすれば、このレクチャーでも「哲学すること」を試みるべきだろう。哲学は何を対象とするのか、なぜ本テーマのように政治が取り上げられるのか、哲学は何を語ることができるのか、哲学こそが語りうる政治とはどのようなものか……等々、様々な問いをめぐって参加者のみなさんと一緒に考えていきたい。 

【講師紹介】柿並良佑(かきなみ・りょうすけ)

1980年神奈川県生まれ。2012年東京大学総合文化研究科単位取得退学。現在、山形大学人文学部講師。著作にMaking sense: for an effective aesthetics, co-authored, Peter Lang, 2011、「存在論は政治的か?」『思想』(岩波書店、2014年2月号)がある。 

【日時】2017年2月20日(月)19:00-20:30 (講義60分+ディスカッション30分) 

【会場】株式会社クリックネット銀座セミナールーム 

 〒104-0061東京都中央区銀座3-11-18眞帆ビル3階  

【参加費】 1500円(含資料代)  

【定員】20名(先着順) 

【申込先】https://www.facebook.com/ginzalecture/

当日会場で『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房、2016年)の特別割引販売(¥3780→¥3000)を行います。 

銀座哲学レクチャー第3回は、分析哲学の俊英、河田健太郎氏(武蔵野大学教養教育リサーチセンター客員研究員)をお招きして「ナンセンスとしての倫理――言葉で尽くせない「何か」を考えるとは」と題してお話いただきます。ぜひご参加ください!

【要旨】

言葉では言い尽くせないけれども伝えたいと思うことが、ときにひとにはあるようにみえる。しかし、本当に言いえないものだとしたら、それは「言葉にならない何か」として存在するのだろうか。そして言おうとした中身が分かっていないとしたら、それは何を言おうとしていたことになるのだろうか。悪や善を行う人の意図が理解できないとき、わたしたちはそこに何か意図はあったと言っていいのだろうか。言葉の向こうには何もないと考えることがどういうことか考えてみたい。 

【講師紹介】 河田健太郎(かわだ・けんたろう)

1971年神奈川県生まれ。2005年東京都立大学人文科学研究科博士課程単位取得。現在、武蔵野大学教養教育リサーチセンター客員研究員。著作に「自己立法へのふたつのアプローチ」『「倫理」における「主体」の問題』(御茶ノ水書房、2013年)がある。 


【日時】2017年1月30日(月)18:30-20:00 (講義60分+ディスカッション30分) 

【会場】株式会社クリックネット銀座セミナールーム 

〒104-0061東京都中央区銀座3-11-18眞帆ビル3階  


参加費 1500円(含資料代)  定員20名(先着順) 

申込先 https://www.facebook.com/manabi.labo/ 


当日会場で『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房、2016年)の特別割引販売(¥3780→¥3000)を行います。 

好評をいただいている銀座哲学レクチャー、来る12月17日(土)に『21世紀の哲学をひらく』(ミネルヴァ書房)の執筆者の一人である三松幸雄氏と、現代音楽の作曲家・ピアニスト高橋悠治氏がタッグを組んで「道という ― 音楽、そして」 と題して開催いたします。 


哲学は「芸術」以後にいかに向き合うのか。 

三松氏と高橋氏が「音楽」をめぐり、思考を深めます。

 ぜひご参加ください!

 ***

 「道という ― 音楽、そして」 三松幸雄✕高橋悠治 

【レクチャー概要】

なぜ。どこへ。どこから。どのように。 

いくつもの問い。くりかえされる試み。 

切れぎれの道。先は見えない。 

それでも、再び、始まりから始めるために。 

二つの断片、出典のない引用: 


起源はいまここにある。 

起源は、 

「いま」や「ここ」が顕われる前のいまここにあるもの。 

生まれたばかりのこどものように、 

まだ目をかたく閉じたままで、 

「ここにあるものはなんだろう」  


かたるのはわたしではない。 

かたられるのはきみではない。 

かたられていることはなにか、だれもしらない。 


―― ゲストに高橋悠治さんをお招きして、 

音楽をめぐりつつ、問い、かたり、耳をすます。


【講師紹介】

三松幸雄 | mitsumatsu yukio 哲学/現代芸術 「ex nihilo — ヤニス・クセナキスと芸術の形而上学 序説」(2015年) 「「芸術」以後 — 音楽の零度より ジョン・ケージ」(2016年) “... hands moving, silence, distant echo ... Takahashi Yuji, from words to music” (講演 2016年) Barnett Newman: The Stations of the Cross(共編訳 2015年) 

高橋悠治 | takahashi yuji 作曲・ピアノ 1960年草月アートセンター 1974-76年季刊誌「トランソニック」 1978-85年「水牛楽団」 「月刊・水牛通信」 以来は作曲・演奏・即興で少数の協力者と活動を続ける http://www.suigyu.com/yuji/ 著書:「高橋悠治/コレクション1970年代」(平凡社) 「音の静寂 静寂の音」(平凡社) 「きっかけの音楽」「カフカノート」(みすず書房) 


【開催概要】

 日時:2016年12月17日(土)18:30-20:30 

会場:株式会社クリックネットセミナールーム 

〒104-0061東京都中央区銀座3-11-18眞帆ビル3階 

参加費:1500円(含資料代)定員20名(先着順) 

主催:まなび創生ラボ+哲学研究会パイデイア 参加希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。 

goo.gl/tCZtbE


なお、当日会場で『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』 (ミネルヴァ書房、2016年)の特別割引販売(¥3780→¥3000)を行います。

開催概要は下記をご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1786433391596830/


「銀ブラ写真de対話」開催! 参加者の皆さんには、自由に「銀ブラ」していただき、事前に与えられた「テーマ」にふさわしい風景や場所の写真を複数枚撮影し、その後写真をもとに自由な対話を行います。銀座の風景から自由に思考を展開してみましょう! 


 【当日の流れ】 

13:00-13:15 事前説明 

13:15-13:45 銀ブラ(雨天決行) 

13:45-14:00 休憩・写真集約 

14:00-16:00 対話・シェア 

【ルール】

 ・各参加者には哲学的「名言」(テーマ)からランダムにひとつの「名言」が割り振られます。

 ・自分以外の参加者とは、対話が始まるまで「名言」について相談したり、話しあったりしてはいけません。 

・参加者は与えられた「名言」(テーマ)にふさわしい風景や場所の写真を、一人で銀ブラしながら複数枚撮影してください。何枚撮影しても構いません。

 ・皆さんにはなぜその風景を選んだのか、お話しいただきます。

 ・その写真から感じたものをみんなでシェアします。

 ◎ファシリテーター 齋藤 元紀先生(哲学研究会パイデイア) 高千穂大学 人間科学部教授  


日時:2016年10月15日(土) 13:00~17:00 

場所:銀座・まなび創生ラボ(株式会社クリックネット) http://www.clicknet.jp/access/ 

定員:10名 

お申込み:https://www.facebook.com/events/1165438310190823/

料金:学生無料、社会人の方500円(お茶、お菓子) 

※携帯・スマートフォン・タブレット・デジタルカメラ等、写真撮影の可能な機器を必ずご持参ください。 

 主催:哲学研究会パイデイア / まなび創生ラボ https://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/ 

協賛:株式会社クリックネット 

http://www.clicknet.jp/

2016年9月新規開講の銀座哲学レクチャー、各方面で好評を得ている『21世紀の哲学をひらく』(ミネルヴァ書房、2016年)の連続レクチャーとして開始します。

第1回「思考の《イメージ》とは?」

2016年9月29日(木)18:30-20:30(講義60分+ディスカッション60分)

会場:株式会社クリックネット銀座セミナールーム 〒104-0061東京都中央区銀座3-11-18眞帆ビル3階

参加費 1500円(含資料代)  定員20名(先着順) 

申込先 https://www.facebook.com/manabi.labo/ 

私たちの思考は、いつもなんらかの《イメージ》をともなっています。目の前のものごとについて考えるときはもちろん、過去の記憶を呼び起こしたり未来に想いを馳せたりして目の前に存在しないものについて考えるときも、必ずやそこには一定の《イメージ》がまとわりついています。真、善、美など、抽象的なものごとについて考える哲学においても、やはり《イメージ》を欠かすことはできません。では私たちの思考にとって、そうした《イメージ》はどのような役割を果たしているのでしょうか。《イメージ》とは本来どのようなものなのでしょうか。今回のレクチャーでは、西洋哲学における《イメージ》についての基本的な考え方を押さえつつ、ベンヤミンとブルーメンベルクという二人の現代の思想家を手がかりに、参加者のみなさんとの対話をとおして《イメージ》の深層に迫ります。 

講師紹介

齋藤元紀(さいとう・もとき) 1968年 新潟県生まれ。2002年法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程修了。博士(哲学)。現在、高千穂大学人間科学部教授。著書に『存在の解釈学』(法政大学出版局)、『始まりのハイデガー』(晃洋書房)、『現代日本の四つの危機』(講談社)、『21世紀の哲学をひらく―現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房)がある。 

なお当日会場で『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房、2016年)の特別割引販売(¥3780→¥3000)を行います。 

『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房、2016年)については、詳しくは以下をご覧ください。http://www.minervashobo.co.jp/book/b217295.html

「銀座哲学レクチャー」2016年9月からのキックオフレクチャーは、アマゾンはじめ各書店で大好評を得ている『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房、2016年)の執筆者の先生方を毎回お一人ずつお招きして、対話型講義で最先端の哲学をわかりやすく、楽しく学んで参ります。開催日程の詳細は追ってお知らせいたします。ご期待ください!

登壇講師(予定):齋藤元紀(高千穂大学)・柿並良佑(山形大学)・加藤哲理(名古屋大学)・三松幸雄(明治大学)・清水知子(筑波大学)・河田健太郎(武蔵野大学)・齋藤暢人(早稲田大学)

「銀座哲学レクチャー」が、まなび創生ラボ+哲学研究会パイデイア主催により、2016年9月新規開講いたします。

哲学カフェ、哲学対話、子どものための哲学など、近年「哲学」が流行のきざしをみせています。

自由な創造的思考を深める哲学の知が、いま社会の各方面で求められていると言えるでしょう。

こうした期待に応えて、このたび「銀座哲学レクチャー」を新たに開講する運びとなりました。

「銀座哲学レクチャー」では、現在国内外で活躍中の哲学者を毎回お一人ずつ講師にお招きして、既成概念にとらわれないしなやかな哲学的思考を、参加者のみなさんと対話を重ねつつ、楽しく、そしてわかりやすく学んでいきます。

「斬新な発想を学んでみたい」、「じぶんの生き方を見つめ直したい」という方から、「もう一歩踏み込んで哲学を学んでみたい」、「あらためて哲学を学び直してみたい」という方まで、ぜひ気軽にご参加ください。

「銀座哲学レクチャー」は、哲学を楽しく学びたい人のための入門講義。

肩ひじ張らず、お茶を片手に、夜の銀座で知の冒険をご一緒しましょう。

https://ginzaphilosophylecture.amebaownd.com/